肌のケア

エイジングケアはいつから始めた方が良い?

更新日:

目元の小じわ、頬のたるみ、所々に浮き出ているシミ、全体的なくすみ・・・等々。肌のこのような状態に気付くと老化を感じますよね。

「鏡に映った自分が前より老けて見える・・・」

そう思ったら、今日からでもエイジングケアを始めてみましょう。しかし、いざ実行しようと思っても何から始めたら良いか迷うかもしれません。

そこで当記事では、これからエイジングケアを始めたいという方の為に、具体的な方法をご紹介していきます。

エイジングケアの意義

エイジングケア

以前は見られなかった、カサつき・シワ・たるみ・くすみ・シミ・毛穴の開き。

年齢の上昇にともなって発現するこれらの症状への対処を「エイジングケア」と呼びます。

老化を完全に免れるのは不可能ですが、適切なエイジングケアを施す事によって、何もしない場合に比べて肌が衰えるペースを遅らせる事ができます。

 

エイジングケアは早いうちから

エイジングケア 生活習慣

まずは基本となる生活習慣を見直そう

肌の老化を遅らせる為には、年齢の浅い内から日頃の生活習慣に気を付け、細胞や肌機能の劣化を蓄積しない事が大切です。そういう意味では、20代の内から身体と肌の健康に配慮する事もエイジングケアと言えます。

早寝早起きやバランスの良い食事といった生活をする事はもとより、体内で活性酸素を作り出す原因となってしまう日焼けやタバコは控えるようにしましょう。

 

30代から本格的な対処を

一般的には年齢を重ねるごとに新陳代謝は低下し、それによって肌にカサつきがでたり、メラニンの残留によってシミやくすみが現れたりします。

また、30代から更年期にかけては女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が年々減っていきます。それにともなって真皮層のコラーゲンも減少し、肌のハリが失われてシワができやすくなります。

老化の症状が現れてから事後的に対処するだけでなく、予防という面からも、エイジングケアは早い内から始めるに越したことはありません。

 

エイジングケアって何をすればいいの?

エイジングケア スキンケアを変えてみる

スキンケア用品を変えてみる

まずは、お手元のスキンケア用品の成分表を見直してみましょう。

加齢による症状に対応するには、現在使用している化粧水や乳液などでは不十分かもしれません。場合によっては、コラーゲンやヒアルロン酸といった加齢と共に減少していく成分を多く含んだものに切り替える必要があります。

シワやシミ・乾燥など改善したい症状に合わせて、ターンオーバーを促進したり保湿効果のあるものなど、必要な成分が入ったスキンケア用品を選びましょう。

 

肌のターンオーバーを促す

肌のくすみやごわつきを解消するにはターンオーバーの促進が有効です。ターンオーバーを促すには、ピーリングなどで表皮に溜まった古い角質を除去する方法があります。

ただし、頻繁に行うのはかえって逆効果。必要な角質まで落とすと保水力の不十分な細胞が露出し、乾燥による肌荒れを招いてしまいます。

年を経るにつれてターンオーバーの周期も長くなるので、基本的には化粧水やクリームを使った保湿を中心とし、角質除去はご自分の肌に負担がかからない範囲で行いましょう。

 

抗酸化物質が含まれる食材を摂る

肌の問題を改善するには外側からだけでなく、食材の持つ栄養素の力で内側から働きかける方法も有効です。

反応性の高い活性酸素は、そのままだと細胞を老化させる原因となります。そんな活性酸素に対抗する強い味方が、抗酸化物質であるポリフェノールや3種類のビタミンです。

ポリフェノールは緑茶や赤ワイン、ビタミンAは人参やホウレン草といった緑黄色野菜、ビタミンCは柑橘類やジャガイモ、ビタミンEは青魚や植物油などに多く含まれています。

これらの食材を日々の食事に積極的に取り入れると良いですね。

 

エイジングケアで老化の諸症状を緩和する

エイジングケアで老化を防ぐ

本格的なエイジングケアは30代頃といった早い内から始めると、その後の機能の低下を緩やかにする事ができます。

また、加齢による諸症状が現れた後であっても、適切なエイジングケアを施す事で改善できる可能性があります。

「老化が進んでから取り組んでも、もう手遅れ?」と思っている方、今からでも遅くはありません。

毎日のスキンケアで年齢肌のお悩みを軽減していきましょう。

-肌のケア

Copyright© ピューレパールを最安値で売ってる場所や店舗を口コミをもとにまとめた結果 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.